学生のための作曲コンテスト〜学生作曲家の輝ける場を創造する〜

【審査員の講評】ボーカルの入っていない楽曲部門

二次審査楽曲(前半)

 

 

4.The story that is not written in the biography(sleep's first)
田村:雰囲気はすごくありますね。メインとなる旋律がもう少し聴こえてくればいいですね。
佐々木:わりと平坦なので、もう少し盛り上がりが欲しいです。

5.Takeda Castle(tongarism)
田村:後半からの壮大なアレンジまさに「天空の城」で、すばらしいと思います。
佐々木:前半はよかったのですが、後半が蛇足っぽい感じがしました。

 

13.テーブルゲーム・テーブルゲーム(KakAzUkI)

田村:音色的にはまだまだですが、ミニマル的アレンジがカジノっぽくユニークだと思いました。

佐々木:どことなくファミコン音源を連想させます。

14.zero(影虎。)
田村:ミニマル感が雨の雰囲気が出ていて気持いいですね。後半からは逆に哀愁感が引き立っていいですね。
佐々木:個人的には好きです。

15.Russian roulette(2012 extended remix)(影虎。)
田村:フロアでかかると盛上がりそうな曲。要所要所で凝ったギミックがいいですね。ある意味組曲ですね。
佐々木:展開をもう少し減らして尺を縮めればさらに高感度アップです。

17.journey to the "MUSIC"(imoken.)
田村:前向きになれる曲ですね。受験も頑張って下さい。
佐々木:メロディーにもう少し展開が欲しいです。

22.落葉のコガネ(レマノルド)
田村:ほんわかとしてスッと入って来る曲ですね。
佐々木:音質はいいのですが、曲があまり印象に残りません。

29.Dance Under Your Heart(あさみ)
田村:アンサンブルがカッコいいですね。
佐々木:ピッチベンドの使い方がフィドルっぽくっていいですね。

35.A Rusty Clock(NATE)
田村:16才でこれだけできればすばらしいですね。シーケンスが気持がいい。
佐々木:フィルターの使い方がいいです。

39.始まり(けーきゅー)
田村:非常にしっかりした楽曲作りですね。
佐々木:吹奏楽出身者にとっては懐かしい感じです。

40.夏の盆(岡)
田村:短いいですが雰囲気がありますね。
佐々木:感性の新しさを感じます。短いのが逆にいいです。

41.管弦楽のための小品 ずんぐりむっくり(くまちゃんすきー)
田村:洋画のワンシーンにも使えそうなクセはないけど雰囲気のある曲ですね。
佐々木:どことなく昔のNHK番組を思い出します。

43.Wind(Ether)
小六:メロディ中心のところは好感もてるけど、要音楽勉強です。
田村:派手ではないですが、聴いていて安心する温かい曲になっていますね。
佐々木:もう少し聴かせ所が欲しいです。

48.the past day(xxxHaToxxx)
田村:ギターの独特なアルペジオが世界を作っていますね。ハードになっても決してうるさく感じないですね。
佐々木:シンプルな編成ながらも物足りなさがなくてセンスを感じます。

49.知らない街(xxxHaToxxx)
田村:テンポが入るところからのアンサンブルや効果音を生かし方がいいですね
佐々木:よく出来ていますが、あまり印象に残らないです。

50.Magical Phantasia(提供)
田村:経験がないということですが、非常に雰囲気もあり、音楽的にもしっかりした曲に仕上がっていますね。
佐々木:なんかハリウッドって感じです。

53.Turn(Fantastic Sight)
田村:今時のアレンジがカッコいいと思います。
佐々木:シンセの使い方がストレートでいいですね。

55.sunset(kmd)
田村:効果的な音作りがユニークですね音楽的クオリティの完成度が高い。
佐々木:感性が新しいですね。プロっぽいです。

56.flow(kmd)
田村:現代音楽的なアプローチがいいですね。気持よく聴けました。
佐々木:もう少し尺が短くてもいいと思います。

69.Night Driver(Arch)
小六:楽しんで作っているところがとても良い!
田村:都会の首都高を車で走りながら、夜景を見ている感じの雰囲気で、ノリがいいですね。
佐々木:フィルターの使い方がオーソドックスながらも面白いです。

75.Battle!!(ことあ)
小六:こんなの好きだー!という感じがもろ出ていて良いですね!
田村:ギター曲、かっこいいですね。
佐々木:オーソドックス過ぎます。

76.brave story(こでよん)
田村:リズムが気持いいですね。もう少しはっきりした旋律があればいいですね。
佐々木:よく出来ているのですが、展開が遅すぎます。

82.寒夜の半月(S.S)
田村:気持よくて癒されますね。
佐々木:発想はいいと思うのですが、冗長な感じがします。

100.咲いてくれ(むにぃ)
田村:曲にストーリーが感じられ、和風とテクののコラボもすっと入ってきますね。
佐々木:昔の格闘ゲームの曲みたいです。

102.闇を渡る道化師(伊藤彩子)
田村:非常に楽曲にストーリーを感じます。いろんな展開があるにもかかわらずスッと入ってくるやさしさがありますね。
佐々木:よく出来ていますが、独創性が欲しいです。

103.Going Home(ちきんぐ)
小六:面白い。もう少し整理するともっと良くなるかも。
田村:民族的な雰囲気がよく出ていて世界のある曲ですね。
佐々木:よく出来たフォルクローレだと思います。

105.転送都市(rf)
田村:転送都市って感じですねw
佐々木:さりげなく非凡で独特なセンスを持っていると思います。

109.‐夢‐(Haya)
田村:ほんわかとした優しい感じでいいですね。
佐々木:懐かしい感じがします。

117.spring it springs(dodecaphony)
田村:やさしい雰囲気が出ていて癒されますね。
佐々木:もう少し聴かせ所が欲しいです。

118.Juvenescence(メロウ)
小六:自分やりたいことをもっともっと追究して下さい。いいですよ。
田村:大作ですね。様々な要素が入っていてまさに組曲みたいでストーリーがありますね。
佐々木:よく出来ていますが、あまり印象に残らないです。

124.bar(usui_osushi)
田村:まさにバーにいるようなBGMですね。
佐々木:ネタにしか感じられないのが残念です。

127.ピアノのための奇想曲 -水たまり-(蒼鷲)
小六:完成度は高い。さあこれからどうする?
田村:タイトル通りの曲ですね。テクニカルだけど世界観があっていいですね。
佐々木:才能は感じます。

129.jack-in-a-box(ねつとき)
田村:ジャジーで遊び心がある曲で、楽しいですね。
佐々木:ドラムの細かいフレーズがいいですね。

133.dear(IbukiMikasa)
田村:メロディがいいですね。アンサッブルがいいですね
佐々木:バイオリンが生っぽくていいですね。

134.Prologue(IbukiMikasa)
田村:非常に大きな曲でストーリーを感じますね。是非葉加瀬さんとの共演を実現して下さい。
佐々木:個性が欲しいです。

135.緑の記憶(pon)
寺嶋:木漏れ日のようなさわやかなサウンドです。特に途中のピアノへの展開は透明感があり素敵。ベースラインと低域の和音が多少喧嘩してるせいで、せっかくの透明感が少し濁ってるかも。
田村:情景が浮かびますね。風を感じさせられる雰囲気の曲ですね。
佐々木:リバーブ感が気持ちいいです。

139.Gelsomina (ジェルソミーナ)(シャルロ)
寺嶋:エレピソロから入って来たら思いがけない展開。空間(間)の使い方が効いていて面白いです。
田村:音の使い方やアレンジのセンスがいいですね。
佐々木:もう少し展開が欲しいです。

141.ゆめみごこち(なぎ)
寺嶋:3拍子系のリリカルな感じがリズミカルで楽しいです。ジャズワルツのような強めのビートとリリカルで可愛い音色とのコントラストがいいですね。
田村:いろいろ凝っていますが、全体的にはスッと入ってきますね。センスがいいですね。
佐々木:発想はいいと思います。

142.Make your story.(SYK)
寺嶋:組曲?かなりシンプルな和声の流れがあったかと思えば、クラスターなどの不協和音が。その対比は実験的で面白いのだが、全体を通しての、又は作者の内面においての、何らかの統一感があれば、と願ってしまう。
田村:組曲的な大作ですね。コンセプトも面白いですね。
佐々木:組み曲的ではなくて普通に一曲が聴きたいです。

143.組曲「夜雨」 前奏.いつか想いを寄せた人へ(テツオ)
寺嶋:ヨーロッパを感じるロマンチックなメロディーがドラマチックに展開していくのだが、弦などの編曲・内声が豊かに響く工夫があれば、さらにしっかりとした作品になりそう。
田村:まさに組曲という感じで、旋律も哀愁があって好きです。
佐々木:懐かしいリチャード・クレイダーマンを思い出しました。

146.spin & fall(yumeniwa)
寺嶋:ギターのリフのシークエンスがミニマルの面白さを出している。左右のギターの音色の違いがもっとあっても良かった気も。ドラムに一工夫か。音数が多いのはいいが、時々邪魔。
田村:アバンギャルドな感じがカッコいいですね。
佐々木:いいと思いますが、展開が欲しいです。

147.みずいろ物語(まっしゅまろん)
寺嶋:6/8のメロディーはさわやかでなかなか素敵です。ただメロディーの音数なのか、全体的な緩急なのか、サラッと流れてしまうのが惜しい。
田村:美しい旋律で、曲の流れもストーリーがあっていいですね。
佐々木:曲頭の方の印象はいいのですが、後半があまり印象に残らないです。

151.古都小都 −京の詩−(Momoko)
寺嶋:手弾きで奏でるピアノは、たしかにどこか古都を感じるメロディーですね。やさしさが伝わります。
田村:ことこと、いいですね。和の旋律が美しいですね。
佐々木:もう少し和テイストがあった方がいいと思います。

156.Arcturus(Ether)
寺嶋:6/8の軽快なリズムはケルティックな感じもあり面白い。もっと生っぽい、ゆらぎのある楽器が欲しいところですよね。
田村:異国情緒の雰囲気がよく出ていていいですね
佐々木:個人的に好きです。

159.異世界へ飛び立つ(confutaris)
寺嶋:表現したい世界観は理解できる。メロディーが単調な気はするが、飛び立たせようとオーケストラを勉強しようとしている姿勢は良い。
田村:こちらはメロディが美しくて広がりを感じる作品でいいですね。
佐々木:ちょっと単調な感じがします。

161.縦横無尽ユートピア(paraμ)
寺嶋:使っている音色が懐かしくて楽しくもある。テーマパークのような明るさが良い。
田村:楽しい曲ですね。ベースラインがカッコいい。2つのシンセのコラボも面白い。
佐々木:いいまとめ方だと思います。

163.Retro Techno Boy(酸素)
寺嶋:確かに懐かしめのテクノ。さらに自由にやって行って欲しい。
田村:小技がいろいろ効いていてユニークな作品ですね。カッコいい。
佐々木:たぶん「へうげもの」の曲の影響を受けてると思いますが、好きです。

167.ANCIENT PUZZLE(Shu※)
寺嶋:中近東を感じるメロディーやサウンドがめくるめくアップテンポで遊ばれててどんどん引き込まれて行く。
田村:古さと新しさの両方の要素が入っていていいですね。せわしない感じが気持いい。
佐々木:ちょっと古い感じが逆にいいです。

172.Coming Morning(ハラリ)
寺嶋:フュージョンポップな感じで、リズム帯の感じは悪くないが、JAZZコードを研究して欲しいかも。色々とやっている割には意外にサラリと流れてしまうんだが、歌ものをインストにした感じなのかな?
田村:爽やかで軽快な作品、朝の番組にバッチリだと思います。メロディーが楽器がもう少しリアルな音色だと尾もっといいですね。
佐々木:メロはサックスじゃない方がいいかなと思います。

174.はじまり(希緑ルクス)
寺嶋:曲はとても面白い。狙いかもしれないが低域の旋律や和音の密集が聴き苦しくしている。一工夫欲しいところ。
田村:作品にストーリー性があってドラマティックですね。いろんな要素が詰まっていてすばらしいと思います。
佐々木:音質はいいと思います。

175.旅立ちの予感(Tea)
寺嶋:昔のゲームのような音色や雰囲気が、ほのぼのと旅立ちをイメージさせる。武器や防具を買いそろえて旅の準備をするようなワクワク感も。
田村:ピッチカートと笛っぽいシーケンスがいい雰囲気を出していますね。リード楽器がもう少し主張すればいいですね。
佐々木:もう少しパートの割り振りを考えるとよくなると思います。

178.Insanity(三浦コウ)
寺嶋:音色や曲の展開のセンスが良い。あまり迷いがないのでエネルギーを感じる。メロディーらしきものがあまり無いが、もしこれに歌を乗せたら格好良さそうだと感じた。
田村:シーケンスとリズムの絡み具合がカッコいいですね。いわゆるリードギターのパートも聴きたかったです。
佐々木:展開が欲しいです。

184.Thunder in the Devil Mountain(sunadori)
寺嶋:スピード感のあるプログレで、かっこいいです。さらに大胆な仕掛けなどあればより面白かったかも。
田村:sunadoriさんの好きな音楽全開でいいですね。アンサンブルもしっかりしていますし、構成もいいですね。
佐々木:懐かしいです。

185.Fortitude(レオ)
寺嶋:ゲームのようなオーケストラサウンドで悪くはないのだが、メロディーやリズムの単調さは否めない。世界中の多くのサウンドを勉強して技を増やして欲しい。
田村:世界観がありますね。曲の構成もしっかりしていていいですね。
佐々木:荒削りですが、展開のさせ方は上手いですね。

193.組曲「死出の旅」(テツオ)
寺嶋:それなりに技術を持っている人だとは思うが、全体的にも楽章ごとにも散漫な感じに受け取れてしまった。ジャンルを超えてやる事はいいことなのだが、17分以上という大作の中から人となりが見えてこなかったのは何故だろう。
田村:大作ですね。アンサブルもしっかりしているし、それぞれの楽器の特性を生かした作品作りがいいですね。
佐々木:組曲にしないで最初の一曲だけの方が好印象でした。

200.Tax of foreplay(傑)
寺嶋:在りし日の坂本龍一を彷彿とさせるような、雰囲気のある作品です。生楽器を中心にやってるようですがバンドでしょうか、これからも独自なサウンドを追求して行って欲しいです。
田村:ヨーロッパの昔の映画のようで、作品に深さを感じます。
佐々木:冗長な感じがします。